• メニュー
  • ご挨拶・当院について
  • 矯正歯科
  • 院内紹介・アクセス
  • 治療費について
  • 症例

カレンダー

スタッフブログ

院長の趣味ページ

院長の演奏動画

矯正治療について

矯正歯科イメージ1こんなお悩みありませんか?

矯正歯科イメージ1歯並びが凸凹だったり、受け口や出っ歯だったりするとどん
な不都合があるでしょうか。
ご飯がよく咬めない、発音しづらい、歯がみがきにくい、見た
目がみっともなくて気になる・・・などなど、その人によって
様々だと思います。

矯正治療をすることで

歯の矯正治療とは見た目が美しく、かつ機能的に優れた歯並び、噛み合わせを作るための治療です。
歯並びをきれいにすることによって、顔つきや口元の雰囲気が大きく変化する場合もあります。
歯並びは上顎、下顎という骨の上に乗っているものですから、その土台となる骨の位置や大きさに
ズレがあると上下各々の歯並びがどんなにきれいでも正しい噛み合わせは得られません。
したがってまず必要なことは現在の不正咬合の状態を作り出している原因を突き止めることです。
これが矯正治療における「検査・診断」の目的です。

矯正歯科イメージ2キレイな歯並びは一生の宝物

矯正歯科イメージ2治療は主に上下の顎の関係や骨の成長に主眼をおいた第1
段階、個々の歯の細かい移動を行う第1段階、できあがった
新しい歯並びを落ち着かせる期間としての第3段階に分けて
行われます。
第1、第2どちらの段階から開始するかは年齢や口の中の状
況によって異なります。
土台の骨に対して治療を行う場合は骨の成長、発育にそって行う必要があります。
また単に歯を動かして治療する場合でも、そのスピードは1ヶ月に1mm程度ですから、いずれに
しても虫歯の治療とは違って矯正治療は「年単位」の長い時間がかかります。
しかし終わったときに得られる美しい歯並び、噛み合せは一生の宝物になることでしょう。

とても大切なこと

矯正歯科イメージ3毎日のメンテナンスも欠かせません

矯正歯科イメージ3矯正治療では様々な装置を選んで使用しますが、ただじっと
していれば治る、というようなものばかりではありません。
自分で使用してもらう装置、あるいは補助的にかけてもらう
輪ゴム、さらには複雑になった口の中の清掃(はみがき)な
ど自分で頑張らなければならないこともたくさんあります。
そういったことを頑張ってもらえると早く、きれいに仕上が
ります。
さらには約束の来院日時を守っていただくことも大切な治療の一部です。
「忘れてたぁ・・・」と治療日時がずれますとそれはすべてロスタイム。
終わるのが遅くなってしまいます。
我々医院スタッフ、患者さん、周りの方々、みんなで協力して、できるだけ短期間で治療を終えるよ
うにしたいものですね。

代表的な不正咬合

矯正歯科イメージ3

叢生(そうせい)

顎の骨の大きさと歯の大きさのバランスが悪く凸凹に並ん
だ状態。
乱杭歯とも呼ばれます。
場合によって歯を抜いてから並べることもあります。


矯正歯科イメージ3

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる出っ歯。
上の前歯が下の前歯に対して大幅に前に出ている状態。
骨からずれている場合と歯だけの問題の場合があります。
骨から治す場合は成長期からの治療が有効です。


矯正歯科イメージ3

下顎前突(かがくぜんとつ)

いわゆる受け口。
前歯の咬み合わせが逆な状態。
反対咬合ともいいます。
やはり骨からずれている場合と歯の角度が悪いだけの場合
があります。


矯正歯科イメージ3

開咬(かいこう)

かみ合わせても前歯が接触しない状態。
前歯で噛み切ることができず、また顎の関節にとても負担が
かかります。


矯正歯科イメージ3

過蓋咬合(かがいこうこう)

開咬とは逆に前歯の咬み合わせが深すぎる状態。
かみ合わせると下の前歯が見えません。
顎関節の痛みや肩こりなどの症状も多く見られます。

いろいろなブラケット

金属ブラケット

ふつうの矯正
(金属ブラケット)

矢印

金具が目立つのが
いやな人には

矢印

透明ブラケット

目立たない矯正
(透明ブラケット)

矢印

針金が見えるのも
いやな人には

矢印

リンガルブラケット

裏側からの見えない矯正
(リンガルブラケット)

当院では、「1、痛みが少なく」「2、歯に優しく」「3、速い」治療のために、摩擦の少ない「ローフリクションブラケット」を使用しています。

当院では、「1、痛みが少なく」「2、歯に優しく」「3、速い」治療のために、摩擦の少ない「ローフリクションブラケット」を使用しています。

ページトップ

Copyright ⓒ 2015 TOMAKOMAI ORTHODONTIC CLINIC All Rights Reserved.